みつろうクレヨンを使ってみよう!クレヨンを使った「けずり絵」を紹介 | 親子で楽しむギフト専門店 punny

みつろうクレヨンを使ってみよう!クレヨンを使った「けずり絵」を紹介

http://みつろうクレヨンを使ってみよう!クレヨンを使った「けずり絵」を紹介

みつろうクレヨンとは?

「蜜蝋」とは、ミツバチが巣作りのために出す天然ろうのこと。
食用にも認められている素材で、お菓子や化粧品にも使われています。
最近では、蜜蝋ラップなども話題ですよね。そのみつろうを使用したクレヨンが「みつろうクレヨン」なのです。
一般的なクレヨンの主な原料は石油系ワックスです。
「子供には、より安心安全な素材のものを与えたい」と考えている方におすすめのクレヨンです。

みつろうクレヨンの魅力は無限大!

YouTube video

安心安全なのは分かったけど、みつろうクレヨンって普通のクレヨンとどう違うの?と思いますよね。

こちらでは、みつろうクレヨンだからこそできる表現方法をご紹介します。

みつろうクレヨンでできる色々な描き方とは?

みつろうクレヨンを使って楽しめる様々な技法を紹介します。

・かさね塗り

みつろうクレヨンは、色に透明感があり色が混ざらないので、重ね塗りができます。ただ1色で塗るよりも複雑な色彩表現が可能です。

・はじき絵

みつろうが水彩絵具をはじくので、クレヨンで絵を描いた背景に水彩で背景を描いてもとても綺麗に仕上がります。

・けずり絵

クレヨンを重ね塗りすることにより、色の層ができます。

竹串などで色の層を引っ掻いて削ることにより、下の色が現れる技法です。スクラッチ技法とも呼ばれます。

・布に描く

みつろうクレヨンは布にもサラサラとスムーズに描くことができます。

塗った部分をアイロンで定着させることもできるので、オリジナルの布バッグやTシャツを作ることも楽しめます。

 

「けずり絵」に挑戦しよう!

クレヨンを重ね塗りすることにより、色の層ができます。

「けずり絵」は、その上に重なった層を竹串などで引っ掻いて削り取ることにより、下の色の線が浮かび上がる技法です。スクラッチ技法とも言われ、子供の頃体験した方も多いのではないでしょうか。

みつろうクレヨンは、色の透明感が高いので、重ねる色によって違ったコントラストを発見することができます。

今回は簡単なけずり絵の方法をご紹介します。

YouTube video

①みつろうクレヨンで絵を描く

ピンクと水色のみつろうクレヨンで、画用紙に格子柄のうさぎを描きます。

②色を上から重ねる

むらさきのみつろうクレヨンで、上から重ねて塗ります。

色のコントラストがはっきりとした配色にするのがオススメです!

ミツロウクレヨンだから、色に透明感があり、色が混ざらないので濁りません!

③竹串で引っ掻く

竹串などで絵の表面を引っ掻きます。

クレヨンの線に対して逆の方向から引っ掻くようにするとはっきりした線が絵が描けます。

④完成!

うさぎの絵が完成しました!

クレヨンの温かみのある線と引っ掻いた力強い線の対比が、面白いニュアンスに仕上がりました。

また、混色することによって、さらに奥行きのある色彩が生まれます。

このように、工夫することで様々な表現を楽しむことができるのが、みつろうクレヨンの魅力ではないでしょうか。

punnyのみつろうクレヨンはこちら